Jrシェフコンテスト 2016

Jrシェフ料理コンテストは、札幌市内の調理師を養成する専門学校の学生が、肉料理部門、魚料理部門に分かれて学校を代表して出場するコンテスト。
指定食材と自由食材を組み合わせ、オリジナルレシピを考案して、2時間の調理時間で完成させます。 ベルエポックでは、希望者の中で、学内選考を行い代表学生は、土、日、放課後に練習。学内選考から本戦出場まで頑張った学生たちは、みんな一回りも二回りも成長しました!

魚料理部門

魚料理部門 金賞魚料理部門 金賞

作品のポイント鮮やかな色合いと、春の新たな始まりを思わせる一皿にしました。

魚料理部門 銀賞魚料理部門 銀賞

作品のポイントゆり根の形を印象的に配置し、特徴も料理に取り入れた一品です。

魚料理部門魚料理部門

作品のポイント一年次で学んだことを活かし、この一皿に表現しました。シャルロットの野菜の組み合わせや、魚介の色合いを大切にした一皿です。

肉料理部門

肉料理部門 銅賞肉料理部門 銅賞

作品のポイント食材の色を活かし、学校で習った技術を活かしました。

肉料理部門肉料理部門

作品のポイント春の訪れを表現し、鶏モモ肉の美味しさを活かしたところです。

肉料理部門肉料理部門

作品のポイント鶏胸肉の滑らかな食感とビーツ独特の甘みと鮮やかさを大切にしました。

肉料理部門肉料理部門

作品のポイント手羽先のインパクトとなすびの食感や色合いを一皿でまとめました。

肉料理部門肉料理部門

作品のポイント全体的に明るい色合いにし、華やかさを出したところです。