【調理師科・製菓調理科・調理実践科】国際性講座(イタリアン)を行ないました。

2018 年 10 月 5 日 | newstopics

こんにちは。

10月3・4日、

フード系学科(調理師科・製菓調理科・調理実践科)の1・2年生向けに国際性講座を行ないました。

※国際性講座とは…日本と海外の文化の違いを知り、物事の考え方や視野を広げる為の授業。

学校で行う授業だけでなく、2月には希望者の海外研修が行なわれます。

 

さて、今回お越しいただいたのは、

IMG_7145

ICIF(イタリアにあるイタリア料理の研修施設)の講師、

野沢寛夫シェフです。

イタリアと日本を往復しながら、

イタリアンのシェフを目指す若者の為の教育をしてくれています。

授業は先生のデモンストレーション(見本)を見てからスタート。

IMG_5221

デモンストレーションをしながらも、

イタリア人と日本人の違いや、

文化の違いなど、ものすごく興味深い内容を話していただき、

学生もどんどん先生のトークにひき込まれて行きました。

さて、実習です。

IMG_5236

な、なんですかこの物体は…。

IMG_5248

皮をむくとこんな感じ。

見た目は真っ赤なカブ、

味はにんじんやコーンより甘みのある野菜です。

見た事もないような食材を使って、実習は進められます。

IMG_5243

パンチェッタ(塩づけされた豚肉)をきっています。

野沢シェフも実習台を周りながら教えくれます。

IMG_5279

さっきのビーツをペースト状にしたものをリゾットにいれていきます。

IMG_5294

リゾットは様子をみながら水分をたしていきます。

IMG_7234

リゾットは1年生も2年生も作ったのですが、

やはり2年生になるとカメラを意識する余裕がありますね。

※写真は茄子のフランを作っている写真です。

IMG_7249

先生の話を聞くときは立って近くで見ていました。

さて、完成した料理!

IMG_E5314

ボローニャ風ミートソース

イタリア独自の食材としては、

パンチェッタ や ポルチーニ茸をソースに使用しています。

また、使用したアネージ社のパスタは、時間が経っても伸びにくく、

あとから温めて食べても美味しいです。

なんと学生全員に1袋づつプレゼントしていただきました!

IMG_5265

IMG_5349

ビーツのリゾット ゴルゴンゾーラチーズクリーム風味 イクラ添え

リゾットに最適なカルナローレというイタリア米を使用。

ビーツの赤が鮮やかでインスタ映えしますね!

IMG_5363

茄子のフラン トマト風味マヨネーゼ添え

こちらは2年生のメニュー。

茄子の風味とトマト風味のマヨの相性がすごく良かったです。

トマトマヨはパスタや揚げ物にかけてもおいしそうな味でした!

1003 1年生

1004 2年生

1・2年生、それぞれ野沢シェフと記念写真!

パスタを頂いて嬉しそうな学生たち。

野沢シェフ、

刺激と優しさがたくさん詰まった授業を、

ありがとうございました。

 

小西でした。

«  |  »