【調理師科】白老町のマツカワガレイを使った特別授業!

2018 年 11 月 2 日 | newstopics

こんにちは!

昨日、調理師科2年生の食材教育のスペシャル授業が行われました。

使った食材は、こちら。

IMG_8322

おぉ!

IMG_8326

大きなカレイ(鰈)!

IMG_8332

こんなにたくさん!しかも今朝獲れた新鮮なもの。

これは、

北海道白老町で獲れる魚で、「マツカワ」という鰈(カレイ)です。

体の表面が、松の皮に見える事から、マツカワという名がつきました。

味・歯ごたえともに、ヒラメを越す美味しさで、すごく貴重な高級魚です。

 

その高級魚を使って、

フランス人シェフのマルク・ベナルーシュ先生に特別授業をしていただきます。

IMG_8335IMG_8339

今日のマツカワは身がプリップリで弾力があります。

先生もさばきながら、「すごく弾力があります」と驚いていました。

マツカワの中でも、今が一番旬で美味しい時期です。

IMG_8353

今日は、この大きなマツカワを、学生もさばいていきます。

DSC_0983DSC_0969

DSC_0970 DSC_0972

DSC_0978DSC_0985

大きくてヌメりのある魚に悪戦苦闘しながら、

さばいていました。

身の弾力には皆感動していました。

実際に扱ってみないとわからない感覚ですね。

IMG_8345 IMG_8347

今日は新鮮さを活かしたカルパッチョ(デモのみ)と、

蒸したもの、2品を学びました。

IMG_8376

最後に、貴重な経験をさせていただいた、白老町の皆さんからメッセージ。

IMG_8379

記念撮影をして終了です。

白老町の皆さん、素晴らしい食材と学びを、

ありがとうございます!

 

調理師科でした。

 

 

«  |  »