調理実践科

学科の特徴

毎日が実習!
カリキュラムの100%が実習・演習。
インターンシップや流行を学ぶ実習など、より実践的に学べるのが魅力。

学科の強み

強み1

実践的に学ぶので、現場を知り即戦力になれる

【ホテル:イメージ協力】ニューオータニイン札幌
札幌市中央区北2条西1丁目1−1

【レストラン:イメージ協力】フランス料理レストラン ル・プルコア・パ
札幌市東区北19条東16丁目4−27

2年次にあるインターンシップでは最新の現場で調理技術を学びます。
プロの技術に触れながらスキルをアップでき、仕事の流れや、仲間とのコミュニケーション、チームワーク、お客様に対するきめ細かなサービス、心配りなど、“本物の現場”からしか学べないことをしっかりと習得し、即戦力を目指します。

強み2

毎日が実習。
100%が実習・演習で過ごす2年間。

調理実践科の特長は毎日実習を行うこと。カリキュラムの100%が実習・演習で、実際に食材にふれて、技術をカラダで覚えながら自分のものにしていきます。料理をつくる喜びを毎日実感しながら成長できる環境があります。

時間割はこちら

強み3

地域や企業と連携したプログラムで北海道食材、流行メニューを学ぶ。

ベルエポック × フランス料理レストラン ル・プルコア・パ
オーナーシェフより北海道のジビエ料理(鹿肉)や流行を学ぶ

田植えや収穫体験、北海道食材の魅力など北海道(ここ)でしか学ぶことのできない貴重な体験や最新の現場で流行を学ぶ経験が、卒業後の調理師としての活躍につながります。

時間割・カリキュラム

目指す資格

  • 調理師(卒業後2年の実務経験後に受験)
  • JESCコミュニケーションスキルアップ検定(必修)
  • フードコーディネーター3級(必修)
  • サービス接遇検定3級(選択)

もっと知りたいあなたに

調理師科
製菓調理科

オープンキャンパス