【パティシエ科&製菓・製パン・ショコラ科】ヴァローナ特別授業を行いました!

2018 年 12 月 3 日 | newstopics

 

こんにちは :-D

 

11/20-23 の3日間、

パティシエ科2年生、製菓・製パン・ショコラ科1年生を対象とした

「ヴァローナ」 の特別授業が行われました。

 

「ヴァローナ」 とは、

1922年にフランスで創業した、フランスを代表するチョコレートメーカーです。

原産地により異なる特色を生かしたチョコレートは

世界の多くのパティシエ・ショコラティエから賞賛されています。

 

今回は講師として、ヴァローナの製菓学校である

「エコール・ヴァローナ東京」より

シェフ・パティシエのファブリス先生にお越しいただきました!

 

パティシエ科2年生は、昨年に引き続き2回目の授業!

日ごろショコラを扱う上での、さまざまな疑問や悩みを

先生に質問。

 

実習では、新校舎の「ショコララボ」にある

テンパリングマシンを使用して「ボンボンショコラ」を作りました。

 

製菓・製パン・ショコラ科1年生にとっては、初めての授業!

まずは「カカオテック」の授業を行いました。

これはチョコレートのテイスティングをしているところです。

鼻を押さえてチョコレートを口に入れると、香りを上手に感じることができないのですが

鼻から手を離すと、口の中いっぱいに充満していた香りが、鼻から抜けていくので

より強く香りを感じられるのです :flair:

 

実習では「アントルメ・タイノリ」を作りました!

「タイノリ」とは、

ドミニカ共和国産カカオで作られた、カカオ分64%のチョコレートで

甘酸っぱいフルーティな酸味が特徴のチョコレートです。

 

授業の最後には、ファブリス先生から

ヴァローナのチョコレートを使用した

スイーツビュッフェのプレゼントが :sign02:

ショコラを作るためのエンローバーが、あっという間にビュッフェのテーブルに。

ヴァローナ社のさまざまなチョコレートを使用したケーキと

オシャレな飾り付けに、学生たちも大興奮!

勉強しながら、おいしくいただきました :heart01:

 

先生からは、ショコラの知識・技術に関することだけでなく

日本の食材に対する考え方や、パティシエとしての心がまえなど

さまざまなお話を伺うことができました。

 

来年、また授業が受けられるときまで

先生から教わったことを忘れずに

日々の授業に取り組んでいきましょう :shine:

 

«  |  »