【製菓・調理師科】羽幌宿泊研修に行ってきました!~2日目AM編~

2019 年 7 月 30 日 | newstopics

さて、先日は羽幌研修1日目のブログを書きました。

↓↓↓コチラです。

羽幌研修1日目のブログ。

 

1日目は、羽幌町の良さを知り、思いっきり楽しむ内容、

2日目は、羽幌町の海産物や農作物を学ぶ研修です。

昨日の疲れもあると思いますが、さぁ、2日目スタートです。

 

1つ目のプログラムは、

羽幌町でとれるお米について学びました。

お米の種類や、採れる量、どのように育てているのか、

どんなお米が美味しいお米なのか…

など、今まで何も考えずに食べてきたお米も、

生産者の方が苦労して作っている、という事を感じます。

 

 

講義を聞いている間に、3種類のお米が炊き上がります。

「ななつぼし」「おぼろづき」「ゆめぴりか」

この3つのお米の食べ比べをしてみます。

確か2時間前まで朝食を食べていたような…

 

何もおかずのない白米をこんなに味わって食べる経験もないはず。

種類ごとにこんなに味が違うんだという事に気づいた学生たち、

それぞれのお気に入りのお米を見つけたかな?

「このお米でチャーハン作りたいな」とか、料理の事を考えている学生もいましたね。

それがこの研修の目的。

 

生産者の方の苦労を知り、

その食材の良さを活かした料理を作れるようになって欲しい!

そんな想いでこの研修を行なっています。

学生たちには、こんなにたくさんお土産が!

「こんなにもらったオロよ」

その中でも、

ベルエポックの学生の為に精米してくれた、

「ななつぼし」を1人3合。これは嬉しい。

羽幌町のお米の美味しさ、そして精米したてのお米の美味しさを、

研修から帰った後に味わっている事でしょう。

 

では、次のプログラム。

北るもい漁協に来ました。

まずは座学で、この地域で採れる魚介類の種類や量、

そしてどのような方法で漁をするのか…など。

エビ篭(かご)漁船で漁をする漁師さんの、

海での滞在時間の話を聞くと、こんな苦労して獲ってきた食材を、無駄には出来ないな、と感じます。

 

「生きてるタコを触らせてもらったオロよ」

そしてヒラメ。大きさにびっくり!

 

そして獲れたての甘エビ。

赤くて美しい。

 

そとへ出て、なまこ漁の漁船の前で記念撮影!

午前中のプログラムはこれで終了。

先ほど漁協で見せてもらった獲れたての甘エビを、

昼食の時に食べました。

ものすごく新鮮で、まだ身が透明。

プリップリしています。

 

実は、甘エビは、獲れたてのプリップリな状態より、

一晩おいたものの方が甘みが増し、殻もむきやすくなるんです。

 

学生たちは、ホテルの朝食で一晩おいたものを食べていて、

それとこの新鮮な甘エビの違いを確認しているのです。

これも、食材の魅力をより引き出せる料理人になる為の勉強ですね。

食べ比べが出来るのも、羽幌町に行ったから。現地に行かなければ、こんな体験は出来ませんね。

羽幌町の皆さん、本当にありがとうございます。

 

午後のプログラムの様子は、

また書きますね。

«  |  »