【製菓・調理師科】羽幌町宿泊研修に行ってきました!~2日目PM編~

2019 年 8 月 1 日 | newstopics

お米と甘エビでおなかいっぱい学んだAMの研修。

さて、午後は、水産加工・農業・乳製品・製菓など、

少人数グループに分かれての研修です。

まずは農業編。

 

 

採れたての野菜の美味しさや、

ひとつひとつの野菜にどれだけ手をかけているか、

学生たちは感じてきたようです。

では、水産加工編。

水産加工は、甘エビの加工を体験させていただきました!

ひたすらに同じ作業を繰り返し、

数時間の体験の中でも、上達がみられました。

ひとつひとつ、お客さまが手にする製品にする為の作業を丁寧に行なっていました。

 

ホテルすぐ前の「ティアラ」さんでは、

ドーナツ作りやおやき作りを体験。

最近、「甘エビソフト」という衝撃の新作が登場!

しかし、これがまた絶妙なうまさです。

TVでも紹介されていました。

他のグループで先に終った学生が、

食べにきていました。

 

梅月というお菓子屋さんでは、

オロ坊がプリントされたサブレ作りのお手伝い。

プリンターをお借りして、

オリジナルのプリントをさせてもらいました!

ベルエポックのマークも作ってみました。

パティスリーの現場の雰囲気を感じることが出来たかな?

楽しそうに学んでましたね。

 

めん羊加工の体験は、包丁持参でお手伝い。

でも肉専用の包丁を借りると、もっと切りやすくて、

道具の大切さを感じたようです。

これが焼尻サフォークの解体前。半身で6kgあります。

 

サフォークという種類の羊は、食用でよく食べられるのですが、

羽幌町にある焼尻島で育った牛は、

天敵がいなく、ストレスの無い状況で育ち、

海のミネラルが詰まった牧草を食べて育つので、とても美味しいお肉になるのです。

 

価格にすると…

150gで1,000円。

この半身で6kgあるので、36,000円分です。

学生たちは3頭分カットし、パック詰めをお手伝いしました!

貴重な経験をありがとうございます!

この「焼尻サフォーク」を使った授業を、

毎年学校でも行なっています。お楽しみに。

 

ダイマル乳品さんではセイコーマートで販売されるアイスを作る

体験をさせて頂きました。

 

はじめに座学でアイスの特徴や、

衛生管理の説明を受けます。

最近の目玉商品、夕張メロンアイス。

夕張メロンは、人気が高いメロンの為、

ツルが取れてしまっているなど、

少し見た目が良くないだけで、規格外になってしまうそうです。

でも味は美味しいメロンなのに…捨てられてしまうのはもったいない。

そんな美味しいメロンの果汁を、アイスにとじこめた夕張メロンソフトが誕生した、

という話を聞くことが出来ました。

その後、用意された白衣に全身着替え、

工場へ。衛生管理が徹底されています。

誰なのかわからないほどに顔が隠れています。

パティシエの現場では、このように全身すっぽり包む白衣のお店もありますね。

 

そして、札幌に帰る3日目の、バス出発直前には、

ダイマル乳品様からのお土産、

学生全員に北海道メロンソフトをいただきました!

お、美味しい…。

 

この研修で、

生産者の方の想いや苦労を感じることが出来ました。

そして、羽幌町の皆さんのあたたかさに触れました。

 

生産者の皆さんの気持ちにこたえられるよう、

食材の魅力を活かした料理を作れる調理師を目指して、

頑張ろう!

製菓・調理師科でした。

«  |